泌尿器科

概要

泌尿器科は、尿を生成する腎臓、尿を体外に排出する尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿 道)と男性生殖器(精巣、前立腺、陰茎など)を扱う外科系専門診療科の一つです。これらの臓器に発症する疾患(がん、炎症、感染、結石、外傷、先天異常など)の診断、治療から、経過観察まで一貫して行うトータルケアを特徴としています。
 超高齢社会となった現在、前立腺疾患(肥大症、がん)、頻尿や尿失禁などの排尿に関する異常を訴えられる高齢者が、男女を問わず急増しています。また、超音波エコー、CT、MRIなど画像診断技術の向上もあって、膀胱がん、腎がん、副腎腫瘍も増加傾向が続いています。青壮年層では、尿路結石症や男性不妊などのほか、稀ではありますが、放置すれば死にいたる精巣がんもあります。
 また尿路生殖器は、先天性の水腎症、停留精巣、包茎など先天異常が多い臓器であり、夜尿症も含めた小児疾患も重要な分野となっています。さらに、近年では骨盤内臓器脱(POP)や腹圧性尿失禁などの女性泌尿器科疾患も多く診るようになっています。
 当科の基本方針は、泌尿器科領域の疾患を的確に診断し、一般的疾患(common disease)に対しては、しっかりと治療を行い、患者さんのニーズに応えることにあります。しかも、できるだけ患者さんに身体的ご負担をかけないように、経尿道的手術や腹腔鏡手術など最小侵襲治療(MIT: minimally invasive therapy)を選択します。より高度な治療を要するような場合には、関連施設である滋賀医科大学ほか高度先進医療施設に紹介いたします。

泌尿器科のスタッフ

日本泌尿器科学会 指導医・専門医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
日本性機能学会 専門医
日本尿路結石症学会 名誉会員
骨盤外科機能温存研究会 幹事・世話人

日本泌尿器科学会 専門医
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本癌治療学会
日本泌尿器腫瘍学会
日本内視鏡外科学会
日本老年泌尿器科学会
日本疲労学会

日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本泌尿器腫瘍学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本性感染症学会
日本排尿機能学会
International Continence Society
日本女性骨盤底医学会
日本骨盤臓器脱手術手技学会
日本透析医学会

前立腺肥大に対するTURP
同 内視鏡写真

(週間スケジュール表)

常勤医師2名と非常勤医師1名で診療を行っています。午後は、膀胱鏡検査、ダブルJカテーテル交換などの検査や処置を行っています。
手術は、水曜日午前と金曜日の午後に行い、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は、木曜日または金曜日午前に行っています。

【外来】

曜日
午前沖中沖中水流岡田沖中
午後検査検査検査

受付時間
※水・木のみ11:00受付終了

8:00〜11:308:00〜11:308:00〜11:008:00〜11:008:00〜11:30

【手術】

曜日
午前手術ESWLESWL
午後手術

トピックス

ESWL(体外衝撃波結石破砕術)

当院では平成26年8月より尿路結石に対してESWLを導入しており、現在はエダップ社製 ソノリス・プラクティスを稼動し始めました。80%以上の患者さんにはESWL単独で治療が可能となります。
腎・尿管 体外衝撃波結石破砕装置による体内結石破砕治療

ESWL施術の様子

その他

男性避妊手術

当院では、女性避妊手術より侵襲の少ない男性避妊手術(パイプカット)を行っております。保険外診療対象(自費)となります。
自費料金: 150,000円(消費税別途要)
※原則として、当日の術前に精算させて頂きます。
※料金には以下が含まれております。その他発生する自費に関する事柄は随時ご請求させて頂きます。
・手術料(手術材料、麻酔薬等)
・術後感染予防のための抗菌薬内服(2日間)
・術後抜糸(術後一週間、抜糸不要な方法もあります)
・術後精液検査(術後1ケ月)

【詳細について】

手術: 両側精管切除術(別名:パイプカット)
麻酔: 局所麻酔(キシロカイン10ml使用)
切開: 陰嚢皮膚に約7mmの縦切開
手術時間: 30分~60分

準備が必要な事柄:
1) 配偶者からの同意書
2) 費用(自由診療):150,000円(消費税別途要) 手術当日にお支払い頂きます。通院3回分の費用を含みます。
3) 海水パンツ(またはサポータ-)
※手術後、翌朝まで止血のため陰嚢を圧迫するため必要です。

通院回数(原則3回)
1) 初回は月曜日または木曜日にご受診頂き、問診、診察、手術予定日を決定する。
2) 手術日(原則、金曜日午前中)
3) 手術後、1ヶ月後の精液検査で、精子数がゼロであることを確認する。

その他注意点:
1) 手術後1ヶ月は妊娠の可能性があるので、避妊に注意が必要です。
2) 再婚等の事情により再吻合(精管のつなぎ直し)を希望されても、成功率は低く、当院では行っておりません。
3) 術後、創部感染や精管の切除部の断端が痛みのある“しこり”となることがあります。
4) 大変まれに(1000回に1度くらい)、精管の再交通が起こることがあると言われております。