看護部のご案内

看護部のご案内

看護理念

病院のスローガンであるこの言葉には、「患者様一人ひとりに対して個別的に医療(治療)を」という思いと、もう一方で「当院の職員一人ひとりのハートにもタッチしたい」という意味がこめられています。
職員に「市立野洲病院が好き」「市立野洲病院で働いている自分が好き」と思っていただくことが、当院の願いでもあり目標です。

ご挨拶

 地域の方々の健康トータルケアを目指し明るいチーム医療に取り組んでいます。本院は、地域に根ざした総合病院です。急性疾患のみならず、回復リハ、透析などの慢性疾患、訪問看護や健診事業まで、地域住民の方々の健康トータルケアを目指しています。
 医師、看護師をはじめとし、すべての職種が一体となったチーム医療で、明るく、楽しく地域医療に日々取り組んでいます。
 皆さんと一緒に働けることを心から楽しみにしています。

市立野洲病院 病院長  岡田 裕作

 互いの感性を磨き一人ひとりが生かされてこそ患者様により良い看護が提供できるのだと思います。市立野洲病院看護部は、新人看護師からベテラン看護師まで幅広いキャリアで構成されたメンバーで固定チームナーシングを展開しています。その中で互いの感性を磨き一人ひとりが生かされてこそ、患者様により良い看護が提供できるのだと私は考えています。我々の仕事は専門職として、患者様の人生に関わりをもたせて頂くとても重要でかつ、やりがいのある仕事です。「市立野洲病院を選んで本当によかった」と言って頂けるよう、力を合わせて看護に取り組んでいます。
 また、市立野洲病院のキャッチコピーである「一人ひとりのハートにタッチ」は、患者様一人ひとりのハートにタッチしたいという思いだけではなく、職員一人ひとりのハートにもタッチしたいという思いが込められています。一人ひとりの職員を大切に、そしてその職員一人ひとりのハートが患者様のハートにふれ市立野洲病院の看護を創りあげていきます。
 整備された教育体制、アットホームな職場風土の中で、あなたの持ち味を生かして共に市立野洲病院の看護を築きあげていきませんか。

認定看護管理者

市立野洲病院 看護部長   小森 久美子

 市立野洲病院看護部は、これからの地域医療を見据えた看護を一人ひとりが実践できる看護部門です。病院の所在する野洲市は「豊かな自然と歴史に恵まれたにぎわいとやすらぎのまち」と紹介されます。私達はこのような環境で、本当の意味で地域に根ざした病院・看護の実現を目指して、様々な取り組みをしています。
 F・ナイチンゲールの言葉に「進歩し続けない限りは、後退していることになるのだ」とあります。我々はまさに今、そしてこれからの地域医療を見据えた看護を一人ひとりが実践できる看護部門です。
 このホームページを通じて、多くの方に「Y優しく、A明るい、S素敵で、U優秀なYASUナース」のことをお伝えできればと思います。そしてYASUナースの仲間が増えることを願っています。

認定看護管理者

市立野洲病院 副看護部長   西村 裕二

看護部の部署紹介

外来

市立野洲病院に診察に来られた患者様と最初に関わる部署が外来です。 診療科ごとに確立した体制を取り、専門知識を生かした専任看護師も多く活躍しています。専任看護師の活躍により、患者様が退院されてからも外来にて安心して治療を続けて頂くことが出来る環境を作り上げています。

手術室

少しでも安心して手術を受けて頂きたいという思いを持って、患者様やご家族のお話を直に伺えるよう術前訪問を行なっています。手術中の流れや様子を手作りのパンフレットでご説明し、希望があれば手術中にお好きな音楽を流すことも。術後に患者様の笑顔に元気を頂きながら、常に安心と安全を患者様に提供出来る看護を目指しています。

透析室

スタッフは様々な職種で構成され各種の専門職がそれぞれの特技を生かして業務を分担しています。特にフットケアには力を入れ、糖尿病療養指導士の活躍のもと糖尿病合併症管理料を取得しています。また、患者様が自己実現を目指す活動を行うことを目標にしており、必要時には援助を行い、患者様のセルフケアを支援しています。

3階病棟

整形外科・産婦人科・内科・眼科他の混合病棟です。内科では、糖尿病療養指導士を中心に、糖尿病で入院された患者様へのケア等、眼科では、白内障の手術を受けられる患者様へのケアを行なっています。

西3階病棟

西3階病棟は、内科・小児科の急性期混合病棟です。退院調整や、終末期医療への取り組みを積極的に行い、患者様のQOLに応じた個別性ある看護展開を目指し実践しています。意識的に時間を見つけてはカンファレンスを行い、患者様の状態や意向に応じたより良い介入のあり方を多職種で検討しています。

4階病棟

4階病棟は、消化器外科・泌尿器科・内科の混合病棟です。手術前の不安の軽減や手術後の看護、癌の化学療法、終末期看護と幅広く看護を提供しています。外科系の病棟ならではの忙しさはありますが、スタッフの連携も非常に良く、笑顔があふれる元気いっぱいの病棟です。

回復期リハビリテーション病棟

県下初の回復期リハビリテーション病棟として、患者様の「家に帰りたい」という思いを叶えられるよう、自宅訪問指導や退院支援に力を入れ、在宅復帰率約8割を実現しています。看護師は日常の看護業務はもちろん、医師やリハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーなどの多職種をまとめるコーディネーターの役割も持ち、患者様ができる限り病前の生活に復帰して頂けるよう日々奮闘しています。

訪問看護ステーション

利用者様やご家族の方の「住み慣れたわが家で自分らしく暮らしたい。」そんな願いを大切にしながら、支援しています。近年様々な理由から、訪問看護を必要とする方が増えています。私たちは、安心して在宅生活を継続して頂くために必要なケアや処置を行い、ご家族の思いに傾聴し、不安の軽減に努めています。また、利用者様やご家族の自立を支援する介護指導等も行なっています。

継続看護室

患者様の退院に向けた様々な悩み相談や、地域サービスの活用などを医療相談員と共にサポートしています。また、地域と連携し、患者様の退院後の経過などを情報交換し、継続した医療・看護の提供を目指しています。

看護助手

院内全体のメッセンジャー業務の他に、患者様に一番近い存在でありたいと願い、日々環境を整え、少しでも快適に入院生活を送って頂けるよう、チームを組んで業務に取り組んでいます。また、日々研鑽を重ね、看護助手の行う看護の質向上に向けて努めています。