「がんと向き合うイベント」を行いました

「がんと向き合うイベント」として、市立野洲病院職員と野洲市役所健康推進課職員が、「ドウタクくん」と一緒にがん検診を呼びかけるパンフレットなどを配布しました。滋賀県では、毎年2月4日から10日までの1週間を「滋賀県がんと向き合う週間」と規定し、「県が県民および事業者の間に広くがんに関する理解と関心を深めるとともに、がんの予防、早期発見等に関する自主的な取組への意欲を高める」こととしています。