トップ >野洲地域在宅医療支援センター

野洲地域在宅医療支援センターについて
野洲病院訪問看護ステーション
「居宅介護支援事業所」の特徴
デイサービスしのはらの特徴
アクセスマップ

野洲地域在宅医療支援センター

『住み慣れたわが家で自分らしく暮らせる』  地域の医療・介護サービスを提供し、皆様の豊かな 在宅生活をサポートします。

「野洲病院訪問看護ステーション」
在宅での生活をより快適に、その人らしく過ごしていけるように、看護師・理学療法士等がご自宅に訪問し、看護ケア、リハビリテ-ションを提供します。
病院やケアマネジャーと連携しているから安心です。

「訪問看護ステーション」ご案内

「デイサービス しのはら」の特徴

 野洲病院が運営しており、看護師も2名体制で配置されています。そのため、経管栄養や痰の吸引などの医療処置が必要な方もご利用いただけます。また、同施設内に「訪問看護ステーション」「居宅介護支援事業所」があり、連携が取りやすく情報の共有がしやすい環境にあります。

【機能訓練】
さまざまな機器を取り揃え、理学療法士・言語聴覚士がそれぞれの専門性を活かし、利用者の方1人1人に合わせたリハビリを提案します。

【入浴】
個浴では自宅を想定しての入浴、特浴では車椅子の方や寝たきりの方に快適に入浴していただけます。



「デイサービス しのはら」ご案内

総合事業 運営規定

総合事業 重要事項説明書

通所介護 運営規定

通所介護 重要事項説明書





「居宅介護支援事業所」の特徴:

在宅で介護が必要となった場合に、介護保険等を利用し、可能な限り自立した生活を営むことができるよう、本人と家族の意向を尊重したケアプラン※を作成します。
当事業所はケアマネジャー4人体制で、24時間連絡可能な体制を取っております。

※ケアプランとは、介護保険サービス(介護サービス)をどのように利用するかを決めた介護計画書のことです。在宅介護の場合も、施設介護の場合も、要介護または要支援の認定を受けると、介護保険を使ったサービスを利用することができます。但し無計画ではサービスの利用はできず、ケアプランを作成しそれに沿ってサービスを受ける形となります。
ケアプランは、一人ひとりの利用者がどのような介護サービスを受ければ、質の高いその方なりの自立した生活が送れるようになるかを考え介護サービスを組み合わせた計画書であり、要介護者の場合は「ケアプラン」、要支援者の場合は「介護予防ケアプラン」と呼びます。要介護者のケアプランは、民間事業者である「居宅介護支援事業所」に所属するケアマネジャーが作成し、要支援者の介護予防ケアプランは利用者が住む地域を担当する地域包括支援センターが作成します。





野洲地域在宅医療支援センター

〒 520-2313
野洲市大篠原951 番地
TEL  077-587-4302
FAX  077-587-5553

   センター長  小川 栄次
     副センター長  栗山 弘恵
     副センター長  西村 裕二


アクセスマップ

周辺地図(別ウィンドウで開きます)
アクセス地図
image
image

ご覧頂くためには、Adobe Reader が必要です(無償)。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズ社までお願いいたします。
病院の概要 / 患者様へ / 診療科のご案内 / 施設案内 / トピックス / お問い合わせ