教育体制

新人看護師の1年間

新人教育は、厚生労働省が推進する新人看護職員研修到達目標・指針に沿い、3年間を新人とみなす段階的な教育を18年度より取り組んでいます。1年目は特に集合教育や職場内教育での技術習得を目指します。2年目はケーススタディに取り組み、患者さん・ご家族・チームとの人間関係、看護師としての責任等について考えます。3年目はプリセプターになる為の指導方法を学び、管理・技術・姿勢態度の総集編を目標とします。

新人看護師年表
  • ・各部署に配置 ・歓迎会(病院全体・部署)
    ・ローテーション研修
  • ・先輩とペアで日勤 ・ウォークラリー研修
  • ・夜勤開始。先輩と共に夜勤に入る。
  • ・夜勤独り立ち ・受け持ち看護師に。
      先輩と共に受け持ち。
  • ・受け持ち看護師として独り立ち
  •  半年経ち、仕事の幅も広がってきます
  • ・ケーススタディ発表会で来年に備え先輩の
    発表を聞く
  • ・メンバーとしてひと通りの業務がこなせる
    ・フォローアップ研修
  • ・院内研究発表会。先輩の看護研究を聞く。
  • ・新人バッジ卒業式

[ウォークラリー研修の様子] 様々なミッションを通して院内コミュニケーションを図ります

[ウォークラリー研修の様子]
様々なミッションを通して院内コミュニケーションを図ります

もはや野洲病院名物!?
ユニークなウォークラリー研修とは?

野洲病院看護部と新人看護師との全体コミュニケーション向上に向けた取組みがウォークラリー研修です。
「◯◯さんと握手をする」や「最屋上の景色を見て一言」など数多くのユニークなミッションを与えられ、各部署への挨拶も兼ねて入職後の新人看護師が病院全体を歩いて回るというこの研修は、看護部全体の取組として恒例行事の一つとなっています。

継続教育プログラム

私たち野洲病院の看護師は、患者さんの状態に応じた適切な看護サービスを提供する為の看護実践能力、看護職に求められている役割や責任を果たす為のチーム能力、看護の質を保証する為の自己教育・研究能力、これらの能力開発を目標に教育プログラムを活用し、クリニカルラダーでキャリア開発しています。

先輩から一言
野洲病院看護部には資格取得にも前向きに取り組む環境があります

私も前任者の先輩に勧められ、病院に勤務しながら、認定看護師資格を取得しました。勉強中は職場からのサポートもあり、資格取得後は職員や地域住民の協力を得て感染管理にやりがいを持って取り組んでいます。

看護部全体研修会などの院内研修会のみならず、院外研修会にも積極的に参加

毎年開催する看護部全体研修会では、部署の取り組みや魅力を共有できる、野洲病院看護部ならではの趣向を凝らした行事となっています。
また、院内の研修会・勉強会で知識を深めるだけでなく、院外での研修会にも積極的に参加出来る環境です。


キャリア手帳の配布など一人ひとりに合わせたキャリア開発を支援

「キャリア手帳を活用し、日々の取り組みを自身で把握し、将来的な展望を持って看護に取り組む。」このことを意識し、キャリア開発を行なっています。

資格取得のための費用を支援する“資格取得報酬制度”

資格取得には費用や時間が必要になります。
野洲病院では“資格取得報酬制度”の利用や、部署でのサポートを充実させ、資格取得に取り組みやすい環境作りを行なっています。

gotop